うだつのぼる旅日記・その6「山菜取りに行って来ました。癒された一日でした。」

シェアする

IMG_1256_R

4月の下旬に山菜取りにひろちゃんと出かけました。

今年の山菜シーズンは、一ケ月早いようです。

いつも出かける里山の山菜は、成長していました。

それでも、食べごろの山菜を採ってきましたので紹介します。

上の画像は、こんてつ(学名、こしあぶら)です。

少し成長していますので下の画像ぐらいの新芽がちょうど、

かたくなくて良いと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

きれいに水洗いをして芽元のハカマを採って料理します。

7cb3cb23_R

若芽の天ぷらは、最高に旬を感じさせますね。

少しえご味が有りますが、チョット冷えた地酒のお供には

旬でしか味わえないものが有りますよ!

70d71c95

これはどうでしょうか!

湯がいたコシアブラを醤油、みりん、砂糖、酒を入れた

タレをかけて混ぜただけのものですが、これも絶品です。

注、(煮込めば、えごみが少しとれますがクタクタになってしまいます。)

つぎは、コシアブラによく似た山菜の王さま、タラの芽です。

201442471_624_R08427img_5277_e

タラの芽はなんといっても天ぷらに限ります。

これ以外は、僕は料理しません。

ざるそばの横に、エビとタラの芽の天ぷらを添えてあるだけで

何も言うことが有りません!そして、熱かん一本つけて!(”^ω^)・・・!

112871f3ab90bcbfb2751e1a9e2dc2701650-1282825947

いやーーッ!なんと言う贅沢ですか・・・!!

と、いうわけで、

つぎの紹介に移ります。

みなさまご存じ、わらびです。

いつも行く場所ですが、ナんと!!あるわ・あるわ

IMG_1252_RIMG_1253_R

ことしは、早めに出ていました。

それでは、採ったのをさっそく、料理紹介します。

料理する前に必ずすることは、あく抜きですね。

炭酸、米ぬか、灰汁など有りますが、我が家は、強還元水に入れて

煮ながらアク出します。真っ黒なあくがたくさん出ます。

そのあと、醤油におかかをかけてシンプルに!

または、卵とじにします。

0148

今回は、沢山採れましたから竹の子とわらびで

炊き込みました。満足な出来でした。

案外ですね、僕の作った炊き込みは、人気なんですよ!

”ひろちゃんにだけですけど(”^ω^)・・・!

わらびを採った帰り道に寄った場所にあるかな・・・・?

”ありました!”

20130223_738c9a

スーパーでたまに、置いてありますね。

こごみです!

わらびと違ってえごくないので、

茹でてマヨネーズ和えなんか美味しいですネ!

IMG_0504--ss

一日がかりの山菜取りでしたが、たくさん収穫できました。

春ならではの山菜摘みとレシピの紹介!最高でした。

お金を賭けずに楽しく過ごせて、旬の味とお酒(”^ω^)・・・!

ひろちゃんと、一日の出来事を語りながら笑って過ごせる

今日一日に、感謝です。

あッ!・・・それから山菜取りは、ブームになっていますが、

毒草を誤って食べてしまって、亡くなられた方がテレビニュースで

最近、よく放映されていますので注意して下さい。

ノビルと間違ってスイセンを食したり、セリと毒ゼリなど良く調べて

誤食しないようにしましょう。

それから、かきどうしと言う薬草を知ってますか、

これからが、本番です。

また、写真を撮ったのを投稿します。

それでは皆さん、健康でがんばりましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・