うだつのぼる旅日記・その10馬篭宿&妻籠宿「馬篭宿のなんじゃもんじゃにビックリ」

シェアする

こんにちは、お元気ですか!

いやーーッ!きょうの暑いこと暑いこと・・・。

でも、心はウキウキで馬篭、妻籠宿へ行って来ましたよ。

家を八時半に出て、十時前に着きました。

せっかく中山道の宿場町へ来たのですから、

ゆっくりと時間をかけながら、歩いて行きたいと思ってました。

中津川I,Cを降りて、落合宿へ向かいます。

東へ3キロ行ったところに綺麗に整備された石畳の街道が有ります。

IMG_1350_RIMG_1351_R

ここから、ゆっくりと歩きます。

人の気配がほとんどなく、すれ違う人もいなく、

のどかな雰囲気の中に、小鳥のさえずりが聞こえてきました。

綺麗に敷き詰められた石畳を一歩ずつ踏みしめて

歩いて行くと、都会の気だるさを忘れてしまいます。

森林浴をかねてぜひ、来て欲しいですね。

IMG_1346_RIMG_1352_RIMG_1354_RIMG_1355_R

しばらく歩くと、

IMG_1357_RIMG_1358_R

一里塚の碑が建っていました。

そして、島崎藤村の夜明け前にでてくる、「是より木曽路」の碑がありました。

IMG_1362_R

そして、こんな注意書きが(”^ω^)・・・

IMG_1363_R

ツキノワグマが良く出るそうですよ!

馬篭宿入口までまだ、一キロ有ります。

二人連れの外人さんと、すれ違いに挨拶して歩くと、

ちょうど、満開でした!この写真見て下さい↓↓

IMG_1427_RIMG_1428_RIMG_1430_RIMG_1436_R

まるで、雪が積もったようです。

ヒトツバタゴの大木が見事に満開の花を咲かせていました。

したかぶって、ひろちゃんに、「この花木の名は、学名ヒトツバタゴって言うんだけど、

地方では、方言で(なんじゃもんじゃ)って言うんだよ、もう少し大きくなると

(どんなもんじゃ)もっと大きくなると(こんなもんじゃ)って言うんだ」!

へぇーッ!と信じてくれました(”^ω^)・・・!

家へ帰って、「あの話、嘘だよ」って言ったら、

「知ってたわよ」ですって・・・うーーーん。フォローしてくれて有難うございました。

冗談を言いながら、歩くと景色は森林から一気に田園に変わります。

田植えの時期で皆さん、忙しそうです。

落合の石畳から、約1.5キロ歩いたところで

ようやく、馬篭宿のに入口に着きました。

img_0[1]

少し、休憩してから行くことにします。

続く・・・・!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・