うだつのぼる旅日記・その15「妻籠宿の絵馬の職人さん・・・見事です。」

シェアする

中仙道 妻籠宿・・・歌川広重

81306024014516

妻籠宿のお昼時。

町並みの一軒に編み笠を打っているお店がある。

ちょうど、お昼時で

美味しそうな手弁当のおにぎりと、

御茶を飲みながら二人のお母さんが話をされていたので

訪ねてみました。

「この編み笠は、お母さん方の手作りですか!」

「ハイッ!桧で編んであるから、涼しくて蒸れないよ」

と、丁重に答えてくれました。

桧のとても良い香りがしていました。

IMG_1465_RIMG_1466_R

傘の編み方まで、実演して下さいました。

お礼を言って店を出ました。

そして、しばらく歩くと

この店も実演されていましたので、入ってみました。

広い店内に凄い早業で絵馬を書いておられる方がいたので、

しばらく、見学させて頂きました。

IMG_1497_R

IMG_1499_RIMG_1498_R

どうですか!この見事な絵馬は!

IMG_1502_R

反対が左馬になっています。

IMG_1501_RIMG_1500_R

これは、干支札でその年にしか作らないそうです。

名前も書いて頂けるそうです。

NHKに紹介して頂き、

今も(つるべぃさん)の番組の後ろに

オブジェとして絵馬が写っているそうです。

IMG_1481_R

街角には、夜の妻籠宿を幻想的に照らしているような

雰囲気の行灯が有りました。

0be7a1471805ff7275a83e7335570b1e

夜の妻籠宿もいいかも!

こんなオブジェもあります。

IMG_1489_R

この店で百草丸を売ってました。

ちなみに、聞いた話ですが、百草丸の目薬あるそうです。

IMG_1504_R

幕末に出てきそうな雰囲気の入口がありました。

IMG_1483_R

そろそろ、ひろちゃんも疲れたようでしたので、

お店を探していると、

ベンチにソフトクリームが!・・・

ベチョッ!・・あ~~~れマァ(´;ω;`)ウゥゥ

IMG_1511_R

ともいきや(”^ω^)・・・!

IMG_1509_R

こちらの店長さんのパフォーマンスでした。(* ´艸`)クスクス

と、言う事で店内に入って、

ひろちゃんは、冷やしうどんで僕は、ざるそばを頂きました。

IMG_1508_RIMG_1447_R

そしてソフトクリームを、

IMG_1507_R

抹茶味でした。店内を見渡すと

IMG_1505_R

原付自動車が置いてありました。

「雨降りには、都合がいいかも」と、思いながらも

「見にくいんじゃない!」と、ひろちゃんの一声!

さてッ!お腹もいっぱいになりもう少し先へ行くことにしました。

IMG_1516_R

道沿いに、僕の好きなアザミが綺麗な花をつけていました。

このアザミを、あの花たてに飾ったらいいなぁ!

と、独り言を言いながら歩くと

IMG_1519_RIMG_1522_R

水車小屋がありました。

僕が、小学校へ入る頃には、まだたくさん水車小屋が有り

なかで、米を付いていたのを覚えています。

なんか癒される風景でした。

IMG_1515_R

さて、何キロ歩いたんでしょうか!?

この先は、何も無いようでしたので

帰ることにしました。


一日がかりで、馬篭宿と妻籠宿を回りましたが、

思ったことが有ります。

いにしえの文化を現在に保存して行くのは、

並み大抵の御苦労で大変かと思います。

その御苦労があってこそ、後の世の人に伝承されていくのかなと思いました。

また、先祖代々の足あとが、便利さと言う事では、今と形は変わりましたが、

日本人の心の中にある思いやりの文化は、人々のどこかに

根づいているような気がします。

いやッ!日本人だからこそ、そうでなくては行けないと思いました

「馬篭宿と妻籠宿の旅日記」・・・終わりです。

次回は、今話題なんですネ!

岐阜県関市板取(モネの池)です。お楽しみに(”^ω^)・・・!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・