早春に咲くショウジョウバカマの花言葉は!

シェアする

早春に咲くショウジョウバカマの

名前の由来と花言葉

こんにちは、のぼるです。

きょうは、3月20日彼岸の入りですね。

お墓参りを兼ねて里山へ行って来ました。

静かな谷あいに流れる川のふちに

やっぱり咲いていました。

綺麗なピンク色の花びらを付けた

ショウジョウバカマです。

花言葉は、「希望」!

春の芽吹きと一緒に小学校へ上がる子供たち、

自分の将来への期待と不安を背負い社会人一年生になる人もいますね。

とにかく、春一番にふさわしい花だと思います。

また、ショウジョウバカマの名前の由来ですが、

調べたところ、それはこの花が赤いのを猩々

(古典書記に記された中国の伝説上の動物)になぞらえ、

また葉の重なりが袴に似ていることから名付けられたとされます。

猩猩(しょうじょう)は人の言葉を理解し酒を好み、

日本では赤ら顔に赤色の毛で表し

中国では黄色の毛の生き物と伝わっています。

また猩猩は能にも取り入れられているほか、

またさまざまな伝説があり七福神の一人として寿老人の

代わりに入れられた時代もあるといいます。

上の画像を見て能舞台などに出てくる架空の人物を

思い出しませんか。

とにかく、里山の小川の畔などによく見られる早春花ですね!