アユ、アマゴ・岩魚のイラスト描きました。

シェアする

こんにちは、のぼるです。

8月に入って、台風が九州地方へ接近の予報が流れていますが

皆さんは、お元気ですか。

まずは、(暑中見舞い申し上げます。)

と言いますか、あと二日で立秋ですね。

早いもので、(残暑お見舞い申し上げます。)になりますね!

クマゼミとアブラゼミの合唱で日中は、うるさいのですが、

そんな日差しの中で、岐阜県の郡上市和良村へ仕事通いをしています。

その街道筋を流れる清流、和良川が有ります。

和良川は、馬瀬川の支流で天然アユの大きさと味の良さで

県内に限らず他県からの友釣りファンに親しまれています。

今回は、清流域に生息する和良川の天然アユだけでなく岩魚、あまご、シラハエ・・・・等

のイラストを描きました。

馬瀬川の天然アユ

先日頂いた馬瀬川の天然アユです。

綺麗な清流に育つアユほどおいしい!

食感を気になされる人ほど天然アユのシャープな

姿と味は忘れられないでしょう!

友釣りに掛かった瞬間の天然アユの引きは

銀輪が網に入るまで緊張しますね(”^ω^)・・・!

また、大物を釣り上げた実感は、

忘れることないでしょうね。

また、ヤナで食べるアユの塩焼きは、

養殖アユとまったく違う食感に舌鼓を打ちます。

渓流の女王アマゴ

和良川のアマゴの解禁時は、まだ残雪のなか

大勢の釣りファンでにぎわいます。

そんな渓流の女王を描きました。

馬瀬川のイワナ

馬瀬川には多くの支流が有ります。

奥深くつり上がった上流には、

しなった竿になかなか姿を見せない大物のイワナが釣れます。

僕は、友釣りの常連さんを見ながら上流へ行きます。

今でも、場所によってですが尺ものも釣れていますよ!

瀬尻に泳ぐオイカワ(シラハエ)

綺麗なこの魚は、

産卵期を迎えた雄のオイカワです。

一般には、シラハエと呼ばれ

禁魚に入ったアマゴ、イワナの代りにこの魚を釣りに出かけます。

川の瀬尻で群れて餌が流れて来るのを待っています。

そこに餌を流すんですが50匹は釣れます。

釣れた魚は、素揚げをしてから砂糖、醤油、味醂、ショウガで味付けをします。

良く味の浸みたオイカワ(シラハエ)は、

鮒、モロコの甘露煮のように川魚特有の臭いがありますが

それが酒の肴として僕は、賞味絶賛しております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他にもいろいろ描いています。

また、ブログに投稿しますね!((´∀`*))

アッ!それから

和良村には道の駅があるんです。

そこで知り合った地元の方がこの和良川には、

オオサンショウウオがいると

教えて頂きました。

ここの隣にある歴史資料館の中には

特別天然記念物のオオサンショウウオが飼育されているそうです。

機会が有って立ち寄られたら

ぜひ寄って見て下さい。

「道の駅わら」のホームページです。


と言う事で次回は、オオサンショウウオを

描いて見ようと思います。