心の世界って何だろう!・・・お地蔵さんの縁日、地蔵盆

シェアする

地蔵盆って・・・なに!

こんにちは、のぼるです。

今回は、お地蔵さんの縁日であります。

「地蔵盆」についてお話します。

地蔵盆とは、名前のとうりお盆の頃にお地蔵さんにお供えをする行事です

私たちにとって馴染みのある“お地蔵さん”ですが、

本来は“地蔵菩薩(じぞうぼさつ)”といいます。

地蔵菩薩(じぞうぼさつ)の縁日と呼ばれ、

この日に参拝するといつも以上のご利益があるといわれ

毎月24日にもともと地蔵盆は行われていましたが、

今では8月を特に地蔵盆と呼ぶようになっています。

地蔵盆の時期は地域によって違いはありますが、

基本的には8月24日前後に行われます。

全国には、各所ににお地蔵さんが祀られ

経典や地蔵和讃に関するお話が残されています。

そんな慈悲深いお地蔵さんに感謝して、

限りない恩徳をたたえる祭事が、地蔵盆です。

地蔵和讃より

そこで地蔵和讃から子供を慈しまれる

お地蔵さんのお話をします。

幼くしてこの世を去った子供の魂は、

三途の川のほとりにある「賽の河原」に赴くと言われます。

そこで思い出すのは、優しかった両親のことです。

そして、両親に会うため賽の河原の石を十個積み上げようと

「一つ積んでは父の恩 二つ摘んでは母の恩・・・」と、繰り返し

あと少しというところで、鬼が出て来て積み上げた石を崩してしまいます。

何度やっても、鬼が出て来て崩してしまいます。

賽の河原では、泣き叫ぶ幼子の声がこだまします。

そんなとき、お地蔵さんが現れ

「泣く事は無い 私を冥途の父母と思い慕ってくれれば良い」

と、言って自分の衣の中へ入れます。

温かいお地蔵さんの温もりは、生前の父母の温もりなんです。

お地蔵さんが付けている赤いよだれかけは、

幼くして逝った幼子に父母が、

「このよだれかけは、自分の子の物です。お地蔵さんどうかよろしく助けて下さい」

と言って、お地蔵さんが分かりやすいように目印として首に巻きつけます。

そんな慈悲深いお地蔵さんに

感謝の心で、手を合わせましょう。

今回は、お地蔵さんに感謝の心で描かせて頂きました。

以前書かせて頂いた地蔵尊の仏画です。