「登竜門」の壁掛けを作りました。

シェアする

こんにちは、のぼるです。

今回は、のぼる工房で作った作品を紹介します。

大切なお客様のおもてなしにと思い玄関に飾りました。

「登竜門」とは、鯉が急流の滝を登りやがては、龍となる。

中国の言葉の一説ですが日本では、端午の節句の鯉のぼりの一説だと言われています。

この創作額縁を作るのに制作画像を紹介しながら

説明させて頂きます。

作業1・・・飾る場所と額縁のイメージを考えます。(今回は、縁起を担いで登竜門)

作業2・・・イメージ材料を買いに往復4時間かけて行って来ました。

(たくさんの材料の中で、これに決めました!)(´∀`*)

くり抜く場所に印をつけます。

作業3・・・糸鋸ミシンとジグソーでくり抜きます。

作業4・・・ペーパーで表面を仕上げていきます。

作業5・・・専用バーナーで木目を焦がしていきます。

仕上げにウレタン透明色を着色していきます。

作業6・・・枠が完成したら前もって書いておいたイラストをパソコンで編集します。

そして額縁へ入れます。

イラスト(鯉の滝登り)

イラスト(昇龍)

文字入れ(登竜門)

玄関にお客様へのおもてなし!

完成した作品を玄関に置きました。

こんな感じで手間暇かけましたが出来上がりました。

のぼる工房では、お部屋のインテリアや手書き看板、椅子など

オーダー商品を作っています。

順次作品を作っていきます。

出来上がりましたら参考資料として

ブログに掲載させて頂きますので、ぜひ、御覧下さい。